介護士による介護を勉強するブログ

介護現場のお話、役に立つ情報を語っていきます。

特定入所者介護サービス費とは…

特定入所者介護サービス費

介護サービス費は低所得者向けの補助サービスがあります。
その中で特定入所者介護サービス費というものがあります。
低所得者の要介護向けになり食費居住費の負担限度額を超える費用について現物給付されるサービスです。
今回は特定入所者介護サービス費について語っていきます。 

どんな人が使えるの?

対象者は
・生活保護受給者
・市町村民税非課税世帯(利用者負担段階の1段階~3段階)
・現金預貯金夫婦2000万、単身で1000万を超える人は対象外

入所者と言えば…
・施設サービス
・地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護
・短期入所生活介護
・短期入所療養介護
となります。

 

給付額の流れ

給付額は食費と居住費のそれぞれについて基準費用額から負担限度額を差し引いた額の合計額。
対象者は申請により「介護保険負担限度額認定証」が交付されます。

※利用者負担段階によって負担限度額は変化します

・第1段階 生活保護を受けておられる方か、所属する世帯全員が市町村民税非課税で老齢福祉年金を受けておられる方
・第2段階 所属する世帯全員が市町村民税非課税で、かつ課税年金収入額と合計所得年金額が80万円以下の方
・第3段階 所属する世帯全員が市町村民税非課税で、利用者第2段階以外の方
・第4段階 課税世帯で、第2・第3段階に属さない方

負担限度額のみ支払いを行い、残った基準費用額を介護保険で支払いを行います。
ちなみに第1段階の多床室利用の場合は0円のようです。

 

・参考URL

www.city.izumo.shimane.jp