介護士による介護を勉強するブログ

介護現場のお話、役に立つ情報を語っていきます。

介護職の髪色について!染めても大丈夫なの?

 介護職の髪色について!染めても大丈夫なの?

介護職の皆さん、髪の毛を染めていますか?
私は介護職になってから黒髪という時期が比較的少ないです。
介護職は髪の毛染めて良いの?どのくらい染めて良いの?
今回は介護職の髪色について書いていきます。

 

 

境界線は事業所によりけりですが…

結論から言うと「事業所によりけり」なのです。
しかしながら私の経験上、施設系と通所系でちょっと染めて良いラインが違うと思います。
通所、訪問系は家族さんとの関わりが多かったり、自宅の中に入ることもある為キーパーソンを含め、他の家族さんとも顔を合わせることもあります。
その際の印象が「なんだこの派手な恰好をした人は」と思われることがあるので『染めても良いが明るすぎないように』と言われることがほとんどでしょう。
施設入居系は髪の色に関しては若干、緩い所が多い気がします。
ただしアクセサリーやピアスに関しては、利用者さんを怪我をしてしまうことがある為禁止してる所も多いです。

染めてはダメ!という所は少ない?

さすがにこれを面接時に質問するのは無理があると思いますので気になる施設の見学の際に職員さんの髪の色などを観察するのが良いでしょう。
私もいろんな所を転々としていますが「黒髪だけで染めるのは禁止」と明記していたところはほとんどなかったです。
ほとんどの所は「多少染めるのはOKだけど明るすぎるのはNG」という感じでしょうか。
普通の茶髪程度なら大丈夫でしょう。

私になりのまとめ

私自身介護職をしていて、髪の色は結構染める方です。
以前の所では気が付かれない程度に徐々に髪の毛を明るく染めていき、
「どのあたりがNGなのだろう…?」と思っていたら最終的に金髪まで到達した際、上司から注意されたのがよく覚えています。
(あの時は若かった、申し訳ありませんでした)
今では現場を指揮する立場ですがやはり明るすぎなければ良いんじゃないでしょうかね。
そこは事業所ごとにルールや就業規則があると思うので上司に聞いてみると良いでしょう。


オシャレは「自分のため」ですが身だしなみは「他人のため」です。
利用者さんと関わるお仕事である為、しっかりとした対応を心がけましょう。