介護士による介護を勉強するブログ

介護現場のお話、役に立つ情報を語っていきます。

厚労省、訪問介護のための感染防止対策動画をYouTubeで投稿

厚労省、訪問介護のための感染防止対策動画をYouTubeで投稿

厚労省は1日、訪問介護職向けにコロナ感染拡大をうけて動画をYouTubeに投稿。
訪問介護をする際、どの場所にウイルス感染の危険があるのか?
動画で詳しく説明されています。

 

 

厚労省の動画

動画にて詳しく説明がされている為、非常にわかりやすいです。
訪問介護に限らず、外出する際にも参考になります。

 

訪問介護について

感染源としてやはり手が主なものとなります。
訪問介護先の自宅の環境も様々なので
携帯型消毒スプレーや使い捨て手袋など、持参で持っていくものも準備を怠らないようにしましょう。

コロナは収束し始めた時の油断が危険

人間、収束し始めた時は油断を生みます。
現在様々なところで感染予防対策がネット上でも見ることができます。
ですが大切なのはその時だけは無く、常に注意を怠らないということです。
毎年、冬になるとインフルエンザ対策として「手洗いうがいをしましょう」とよくメディアで言ってますがこれはいつも行わないといけないのです。
夏にもウイルス感染症は存在します。
1日も早くコロナが収束することを願い、日々予防対策を心がけましょう。
「感染者が減ったから大丈夫だろう」と思った油断がウイルスを呼び寄せます。