介護士による介護を勉強するブログ

介護現場のお話、役に立つ情報を語っていきます。

Twitterとブログ、それぞれのメリット、デメリットについて。

【雑談】Twitterとブログ、それぞれのメリット、デメリットについて。

私はTwitterとブログ、両方で活動を行っています。
2つのサービスはそれぞれ特徴があり、メリットもありデメリットがあります。
両方のネットサービスを使ってみて思ったことを書いていこうと思います。

 

Twitter〇短い文章でいろんな人に見てもらえる

Twitterは様々な人達と情報交換をすることができます。
フォローした人達で文章を見たり、反応したり、拡散したりすることができるので
共感した場合、その文章が様々な人達に見てもらうことができると思います。
文章制限があるものの、その分いろんな人達の文章を一瞬で見ることができるので
パソコンと比べ画面が小さいスマホが普及して一気にSNSが普及したのも見られます。

Twitter×過去の文章が辿りにくい

Twitterは当日~数日後ぐらいまでの文章が一瞬で拡散されることが多いですが
1週間以上経つと埋もれてしまい、周りから見てもらえることが極端に少なくなります。
Twitterで「バズった」というものを見かけますが、タイミングなのだと思います。
自由に簡単に呟けるサービスだからこそ、後々のつぶやきをまとめたりするのはなかなか難しい仕組みになっています。

 

ブログ〇長文を書ける

Twitterと違うのは長い文章を書くことができます。
どうしても短い文章だと自分自身の情報をすべて発信するのが難しいです。
特殊な技として、Twitterでも自分のツイートにリプをした上でツイートを倍増する方法もありますがこれは例外として…
ブログでは記事タイトルを踏まえた上でこの人が「こんな記事書いてるんだ!見てみよう」と興味を持ったりすることができます。

ブログ×アクセス数を伸ばすのが難しい

特に相互リンクといったリンク先の繋がりが無いと自分との戦いになります。
私も昔完全な個人ブログ(介護とは関係ない)を開設した事がありましたが
アクセス数が増えない、コメントも来ないなどと寂しくて閉鎖したいと思ったこともたくさんありました。
ちなみにこのブログ、Twitterと連携していますがアクセスしてくれる人は100クリック未満だったりします。
記事内容によりけりですが、Twitterは「その場所で文章を見たい」と思う人も多くて「文章であまり興味がない場合、わざわざ見ない」となったりします。

まとめ

Twitterとブログの有効活用がまだ私はできていません。
両方の有効性を理解した上で情報発信ができれば良いかなと思って頑張っていければ良いなと思っています。
Twitterもブログもそれぞれ、見たい情報が違っていきますよね。