介護士による介護を勉強するブログ

介護現場のお話、役に立つ情報を語っていきます。

第22回介護支援専門員実務研修受講試験、「3月試験組は合格率20%超え」

ケアマネ試験

3月8日に実施された介護支援専門員実務研修受講試験の再試験の合格者が4月21日に発表。
第22回は10月は台風で一部都道府県で中止となり、3月もコロナで大きな影響となりました。
10月試験組と3月試験組の合格点、合格率が若干変動がありました。

今までの受験者数、合格率

第22回 40918人…合格率19.5% ( 8018人)
※ 3月 10540人…合格率22.5% ( 2374人)
※10月 30509人…合格率18.5% ( 5644人)

第21回 49332人…合格率10.1% ( 4990人)
第20回 131560人…合格率21.5% (28223人)


受験人数は20回の2017年10月を最後に一気に減っています。
理由は受験資格の厳格化(介護福祉士取得後現場経験5年必要になった)が一番の理由だと思います。
ケアマネ人材不足も問題化してますが、介護士人材不足もより深刻で介護福祉士国家試験も受験数が落ち込んでいます。


合格点、ボーダーが上がってるのは…?

3月再試験組の合格点は「16/25」でした。(10月試験は15/24)
厚生労働省の受験者数は辞退者を削除しているのか不明ですが…
私のように正直自信があまり無かった場合、辞退した人が多かったと思いますしコロナの影響で辞退した人も少なくないと思います。
その中、相当勉強した人達は受験に行った人が大半を占めていて点数が上がったのだと思います。
第21回が受験資格の厳格化の影響もありますが、さらに問題の難易度が高いです。
第22回は少し難易度が優しくなったのが見られ、合格率が上がったのも理由のひとつでしょう。

 

www.kaigo-aoi.com