介護士による介護を勉強するブログ

介護現場のお話、役に立つ情報を語っていきます。

【新型コロナ】介護施設で「クラスター」発生した所の対応はいったい…?

介護施設コロナ

4月16日、コロナウイルスの影響で全国に緊急事態宣言が発表されました。
介護施設に関しては自粛要請を行うことが困難で実質ほとんどの所は変わらず営業しています。
コロナに感染、クラスターが発生した場合、どうしてるのか…
実際に感染した所のニュース記事を調べてみました。

 

 

コロナ感染した施設でのニュース記事

www.nishinippon.co.jp

感染者は70~90代の入所者6人と20~40代の職員3人。このうち入院しなかった入所者と職員の計7人を、感染者専用フロアとした4階に隔離し、そこで療養することになった。

 

www3.nhk.or.jp

感染が確認された入所者は同じフロアの70代から90代の男女6人で、ほかの病院に入院した1人を除く5人は発熱はあるものの重症ではなく、施設内の入所者がいないフロアに隔離する作業が進められているということです。

 

www3.nhk.or.jp

※どういった対応をしてるか不明

 

news.tbs.co.jp

※どういった対応をしてるか不明

介護施設では隔離以上のケアは困難

感染した利用者が隔離するのはわかるのですが隔離した利用者は誰がケアしてるのでしょうか?
結局、陽性の利用者をケアしてる職員がまた感染し、繰り返し繰り返しになってしまうのが目に見えてしまいます…
1人でも感染したら施設内はもちろん、病院でも広がっているため危険と隣り合わせの状態なのです。
インフルやノロ対策でもそうですが介護施設の場合、医療設備は整っていない為万全な隔離体制ができるわけではありません。
残った職員で隔離対応がしっかりできるのか?身体拘束を許可しないまま、隔離対応できるのか?
様々な問題点が出てきます…

 

在宅を軸としてるデイやショート、小規模等は在宅待機も検討しないといけない

感染者や濃厚接触者は一般の人達も自宅待機が指定されています。
その為在宅をメインで行っているデイサービスやショートステイ、小規模多機能などは少なくても可能性がある場合は在宅で対応をして頂く形で管理者等は話をしないといけません。
しかしながら「家じゃ見れない」や「感染したらどうするんだ」などと家族側が指摘する場合もあるかもしれません。
正直言うと家族側もこの場合、濃厚接触者に該当する可能性がある為、同時に自宅待機が必要になる場合も多いと思います。
グループホーム、特養、老健などはなかなか厳しいでしょうが…