介護士による介護を勉強するブログ

介護現場のお話、役に立つ情報を語っていきます。

通所介護の訪問への変更、サービス担当者会議は不要 厚労省

通所介護が訪問介護

厚労省は新型コロナウイルス感染症に係る介護サービス事業所の人員基準等の臨時的な取扱いについて。
通所介護の訪問変更をサービス担当者会議不要で開始可能とアナウンスした。
今回は通所介護が訪問介護に切り替えることができるのか?
実際に現場で働いてる私の意見を加えて語ります。

www.joint-kaigo.com

訪問介護で切り替えれば良いという訳ではない

3月上旬頃にこの案があり、その時も記事に書かせて頂きました。

www.kaigo-aoi.com

通所介護、デイの利用するにあたって「どういった目的で使っているか」で
訪問介護でやれるか、やれないか意見が分かれるのでは?

例えば入浴目的でデイを利用している場合、訪問介護で入浴対応をします。
その場合、自宅の浴室を利用する為、自分でまたがって対応できるのか?
設備不十分で困難な場合、住宅改修するのか?
専用の浴槽を使う場合、訪問入浴サービスを使う形になるのでデイの職員という形とちょっと内容が変わっていきます。
また、デイの職員全てが訪問介護ができるとも限らないのです。
車の免許を持っていなく、中のホール対応だけやってる職員だっているのだし、
自宅までの車の運転が無いと難しい距離感であるなど…

 

ケアマネに丸投げ→さらに現場に丸投げする提案

結局は提案だけして事業所に丸投げしてケアマネ任せなもの、でしょうか?
下手したらこれはケアマネも現場にただ訪問介護でやってくれと丸投げする可能性があります。
政府はコロナの影響に対して高齢者利用者に対することを考えるのは勿論ですが、
介護現場で働いてる人達のことを気に掛ける様子があまり見られて無いのが残念なところです。
給食当番のような布マスク配布しただけじゃ正直無意味です…

 

www.kaigo-aoi.com