介護士による介護を勉強するブログ

介護現場のお話、役に立つ情報を語っていきます。

【コロナ不況】介護業界へ転職する人が今後増えていく?

コロナ不況

「コロナの影響で仕事がない…」と不況が問題になっています。
介護士にとっても見えない未知数なものとしてコロナ対策を行っていますが、仕事をしてお金を稼がないと人は生きていけません。
特に飲食業、タクシー業界などでは休業をせざる負えなく、相当深刻になっています。
介護士は今後どうなるのか?語っていきます。

 

 

リーマンショック、震災時のように介護に転職する人が増える?

リーマンショックでのIT界を中心とした不況、震災時によっての仕事がなくなった人達で介護職に転職した人は結構多いかと思われます。
今回のコロナに関しては感染していない介護施設にあたってはほぼすべての施設が休業せず、普通に営業をしています。
介護や医療に関しては人が絶対的に必要な業界である為、無くなることはないので
仕事で転職する人達も増えていくでしょう。
現に他県(緊急事態宣言が出た都道府県で)仕事が無く転職で人が徐々に来たという話を聞きました。
ただし今回はリーマンショック、震災時と比べていつまで続くのかも全く予測できない、さらに施設内で感染者が出たら営業ができないなどのリスクと背中合わせな状態ですが。

医療、介護、保育業界の認識が変わっていくかも?

今回のコロナによって、人の生活感が相当変わり、今までの常識というものがひっくり返ってると思います。
介護業界は給料が安くて大変だと思うのが一般的だと思います。
でも今まで当たり前で行っていた介護の仕事が今となってはこういう時でも働かないといけない為、周りの人達の認識が変わっていくのかもしれません。
国としてもこういう時にも働かないといけない業界で低賃金なのは矛盾しているのを問題視して、変わっていくのかもしれません。
これは医療、保育業界でも同じように言えることだと思います。

コロナについて、1日でも早く収束することを願っています。