介護士による介護を勉強するブログ

介護現場のお話、役に立つ情報を語っていきます。

「緊急事態宣言」で介護施設はいったいどうなるのか?

緊急事態宣言

「緊急事態宣言」を安倍総理は明日4月7日から東京など7都府県を対象に1か月程度行いたいと考えを明らかにしました。
7都府県は、東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡です。
いったい介護施設は今後どうなるのか…考えを書いてみます。

www.chunichi.co.jp

 

結局変わらないのでは?

病院を含め、介護施設は自粛することはできません。
通所、居宅系サービスでは休業になってる所もありますが
施設、入居系サービスでは休業を行うと利用者対応が誰も対応できなくなります。
結局感染リスクを考えながらでも働かないといけません。
さらに介護施設は病院と比べしっかりとした医療設備が整っていません。
たまに家族は介護施設が病院みたいにしっかりとした対策ができてると思っていたりしますが
インフルやノロの時でも大騒ぎになるぐらいです。
今回のコロナは余計に未知数であり、病院でも対処が困難になっているから1人でも感染したら一気に広がるでしょう…

 

補償についてあやふやなのも問題

休みたくても休めない病院、介護業界では補償も何もナシで
所得が減給している所だけ補償を出してくれるという、不公平感というか…
「意地でも金を出したくない」感じで苛立ちを抱きました。
消費減税や一律で補償などをしてくれると助かるのですがね…

 

これからの介護施設は?

一部の介護施設でもコロナ感染によるクラスター感染などで広がってるのをニュースで聞いています。
一人でもなったらどこの施設でも拡大は確実です。
予防を徹底するぐらいしか対策は無いのですが、経営側も万が一コロナ感染になった時のことを考えることも必要だと思います。
危険意識がいまだに無い所も多いです。