介護士による介護を勉強するブログ

介護現場のお話、役に立つ情報を語っていきます。

介護施設の消毒液購入に補助 政府 マスクは1人1枚配布へ

マスク一人一枚

政府は10日、新型コロナウイルスの流行を踏まえ第2弾の緊急対応策を決定した。
介護施設でマスクは1人1枚配布を行うようにする」と発表。

 

 

www.joint-kaigo.com

政府の発表分について

www.kantei.go.jp

まず、介護施設や障害者施設、保育所等、今般の学校休業に伴う放課後児童クラブなどの現場におけるマスク不足の解消を図るため、再利用可能な布製マスクを、国が一括して 2,000 万枚購入し、地方公共団体の協力も得つつ、介護施設等に少なくとも1人1枚は行きわたるよう、十分な量を緊急に配布する。

※上記の「新型コロナウイルス感染症に関する緊急対応策 ―第2弾-」より引用

 

最初「えっ1人1枚じゃ使い捨てじゃ1日しか持たないのでは…」と思いきや
布制の再利用マスクとの事。今は洗濯できるタイプがあるので大変助かる話ですね。

このマスク、いつ届くのかなぁ…

とてもありがたい話ですが、このマスクはいつ届くのか疑問点が残ります。
現在、介護事業所での深刻なマスク不足は問題化しています。

全国の介護従事者 約 8 万 4.000 人が集まる職業別労働組合 日本介護クラフトユニオンのアンケートによる中間報告では「すでにない」という報告が約3割です。

www.kaigo-aoi.com

もちろんマスクは完全な予防策ではなく、「移させない、拡大させない」意味で介護施設ではより必要になります。
高齢者は免疫力が低い方も多い為、一度感染が広がると大きなことになります。
介護や福祉の現場の衛生用品不足は極めて深刻な状態です。