介護士による介護を勉強するブログ

介護現場のお話、役に立つ情報を語っていきます。

介護職に名刺は必要!と思ったこと

介護職の名刺

介護職で働いている皆さん、名刺って持っていますでしょうか?
名刺を持っていない人がほとんどだと思います。
理由は簡単なことなのですが…今回はそんな名刺について語っていきます。

介護職が名刺を持っていない理由:金

名刺を作るのもタダではありません。
お金がかかります。
介護職は離職率が高いので名刺を作ったとしても手間、コストがかかります。

介護職が名刺を持っていない理由:現場メインだから

現場で外に出る機会が少ないからこそ、経営側は持つ意味がないと考える所も多いのです。
ほとんどギリギリな状態で現場を回している介護職は外に出る時間を取れないのが現実なのです。
だからブラックな所なほど、名刺を持っていない比率は高いです。

研修や担当者会議などでやはり必要です

外部研修時にグループワークなどでお互いに自己紹介する時、ありませんか?
その時、半数ぐらいの現場介護職は「名刺を持っていないので…〇〇で働いてる△△です」
と自己紹介することがほとんどでした。
共通していたのは役職者は持っていることが多かったです。
私も一応、名刺は持っているのですが
もしかしたら役職者でも名刺を持っていない場合、名刺を貰っていても返せないさで
ちょっと気まずいとか恥ずかしいとかで役職者と名乗らないこともあったのかもしれません。
サービス担当者会議に参加する場合も自己紹介が必要ですが
基本的に名刺などを持っていない介護職が外部とのサービス担当者会議に参加することも少ないでしょう。

他の業界で多いのでしょうか?

他の業界でも名刺をコスト削減で用意していないという所は多いのでしょうか?
私は前職ではヒラでも名刺は普通に用意されていました。
介護職で働いていく上でビジネスマナーを徐々に忘れてしまってるような気がするのが残念で仕方ないです。
正社員であればより名刺が欲しいなと思うのが当然なのではと思います。