介護士による介護を勉強するブログ

介護現場のお話、役に立つ情報を語っていきます。

コロナウイルスについて…私達ができる6つの予防対策

コロナ

新型ウイルスについて話題になっています。
世界中で広がっていてどういった予防対策が必要なのか?
介護士の私なりの考えを上げてみました。

 

 

1.手洗い

石鹸で良く洗い、菌を「洗い落とす」ような洗い方をするのが良いとのこと。
爪なども念入りに洗い落とし、そして手を拭きます。
インフルなどでも感染経路としてドアノブといった「手」で掴む場所から感染することも多く日々のマメな手洗いでウイルスを手から送らせないようにしましょう。

2.うがい

寝てる時や呼吸によって口の中から異物、ウイルスの空気感染する場合もあります。
うがいをすることで、口腔内に付着している細菌やウイルスを体内へ排除することができます。
うがい薬を加えウイルスを口から送らせない身体づくりをするのは大切です。

3.マスク

風邪をしてからマスクをするのではなく、予防する為にマスクをつけておきましょう。
私は外出時、マスクを使う頻度も多く特に人混みだとマスクはかかせません。
口から空気感染することも多くマスクをするしないだけでも大きく変わっていきます。
咳エチケットという言葉がありますが、冬の時期だけでも基本マスクを予防でつけていくと効果が変わると思います。

4.消毒

手洗い+消毒を加えて行う癖をつけておきましょう。
アルコール消毒も有効ですが、ウイルスをそれでやっつけられるわけではありません。
厚生労働省HPより次亜塩素酸水が有効だと提示がありました。
ネットなどで検索しそれ関係のスプレーを購入しウイルスを倒す方法もひとつです。
次亜塩素酸水のスプレーを使って日々ウイルスを近づかせない体制づくりも有効でしょう。

5.人混みに極力いかない

フォロワーさんより「地下鉄」「バス」「JR」と言った半閉鎖空間はウィルスの温床とも言われてると話もあり、
実際それなら逃げ場がないじゃんと思われがちですが感染経路の口にマスクや手の消毒など
この場所では感染しやすいからこそ「感染させにくい」体制をとっておくことがより大切なのです。

6.免疫力を高める

いわゆる食生活のバランスなどを整えるということです。
免疫力の高める最大のポイントは腸にあります。
「にんにく」「バナナ」「かぼちゃ」「納豆」など様々ですが
食生活のバランスを整えておけばいいと思います。
疲れやすい人は免疫力が低下してる現れです。気を付けてください。

私なりのまとめ

基本的には風邪やインフルのように予防を徹底するということです。
「そんなことやらなくても大丈夫」と油断している人ほど、
風邪やインフル、何かと感染しやすいのだと思います。
今回のコロナウイルスは10年以上前にあった
「2009年新型インフルエンザの世界的流行」みたいになりそうなぐらい危険だと思います。
今のうちにマスクなどを買ったり対策をしておきましょう。