介護士による介護を勉強するブログ

介護現場のお話、役に立つ情報を語っていきます。

2019年ケアマネ試験、合格率は18.6%

2019年ケアマネ試験、合格率は18.6%

10月13日に中止とならなかった34道府県、
介護支援専門員実務研修受講試験(ケアマネ試験)の合格発表が12月3日にありました。
合格率は18.6%となりました。

 

 

前回の1.8倍増加

ケアマネ試験ですが
前回と今回のを比べてみると大きな違いがあります。
介護支援分野がちょっと難易度が落ちたのか、拍子抜けなのか
例年通りだと1問目2問目が超難易度と言われていたものが
今回は比較的優しかった感じでした。
ちなみに合格点は15/24です。

再試験組との違いの賛否両論

Twitterでもお話しましたが台風の影響で中止になった都道府県も出ています。
中止組は2020年3月に行う予定なのですが
合格率は10月試験組と合格率を合わせたボーターにしないと不公平が出ます。
「10月に受けていれば合格していたのに…」と悔しい思いをしそうなので
私は実際には10月の試験はやっていません。

今後の対策について

もうちょっと全国で連携を図れるように今後は対応をして頂きたいです。
都道府県によって対応がバラバラです。
国家資格じゃないから仕方ないと思ってしまったらそれまでですが
ケアマネ人材不足も現場介護士と同様、問題視しないといけません。
ケアマネの処遇改善についても現場介護士のような+になるようなことを
厚生労働省でももう少し、考えて頂ければと思えます。

 

www.joint-kaigo.com