介護士による介護を勉強するブログ

介護現場のお話、役に立つ情報を語っていきます。

スポンサードリンク

古株お局介護士をどうすれば変わるのか?長年働いてる私なりの方法

お局介護士

介護施設において人員不足などが問題になっていますが
長くいるから自分ルールを作り上げ、役職餅じゃないのに権力を持った
古株お局介護士という立場の人が必ずいると思います。
そういった介護士をどうすれば良いのか…私なりの見解を語っています。

 

とりあえず、適当に流した方が良い

関わるだけ正直時間の無駄でもあります。
仕事以上の必要以上な話はしなくて良いでしょう。
聞かないわけではなく、聞かれたら聞き役で合わせてるだけも良いと思います。
ちなみに仕事が一通りできて文句を言えないような感じになると
お局は極力攻撃をしてきません。いなくなると困るからです。
私も最初やられましたが仕事が一通りできるようになったり、
役職持ちになったら表向きはやられることはありませんでした。
陰口は知りません。陰口は勝手にやってれれば?と思うタイプなので。

あまりに酷いなら異動を視野に考えてもらう

貴方自身ではなく古株お局介護士の方です。
たいていこういう介護士は「異動になったら辞める!」と言いますが
辞めるなら辞めてもらっても良いと思います。
でもたいてい辞めません。
こういう女王様的なお局介護士は無資格であーだこーだー言っているため
簡単に転職するのが難しかったりします。
私も昔あまりにも酷かったお局介護士について上に相談して異動で対応をしてもらったのですがその人も辞めませんでした。
環境を変えてもらうのが一番なのです。

最後に

お局介護士は複数いる場合も多いです。派閥を作ってる場合もあります。
ただお局介護士にとって、その人ひとりだけが問題があるのでしょうか?
自分自身は全く悪くないのか?その点を視野に振り返り、利用者ケアをしていきましょう。
勘違いしてはいけませんが職員の気を使うのが目的ではなく利用者ケアをするのが介護士の仕事です。