介護士による介護を勉強するブログ

介護現場のお話、役に立つ情報を語っていきます。

スポンサードリンク

介護士は太りやすい!?太りやすい理由、対策について紹介!

太りやすい介護士
「介護の仕事をして太った…」
という声、結構耳にします。
どうして介護の仕事をすると太りやすいのか?
そしてどうやって痩せていくのか…?
介護士をして体重がほとんど変わらない私が対策などを紹介していきます。

 

太りやすい理由「不規則な生活でストレスが溜まりやすい為」

介護の仕事はシフト制で夜勤もあります。
なので非常に不規則です。
不規則なだけならまだしも、高齢者、認知症の利用者さんを対応する為
普通の声掛けだけじゃなく、理不尽なことをされることだってあります。
ストレスがたまりやすい仕事です。
普通の接客業のお客相手とは違う独特な世界観です。
これは病院等で働く医師、看護師にも同じことが言えると思います。

太りやすい理由「ストレス発散を食欲に走りやすい」

介護の仕事をしてる人で食欲旺盛な人は多いと思います。
それぐらいスタミナ、体力を集めないといけませんから。
その為、体重が知らず知らず増えていく…
そんな風に体重が増えてぎゃー!と頭を抱える介護士さん多いです。

太らないような対策「夜中は基本食べない」

寝る直前、もしや夜勤中におやつを食べたくなる…
と言う人はいるかもしれませんがやはり夜中は何かしら食べるのはNG。
でも夜勤中に動くためお腹は空くものです。
空腹感を満たすためなどに野菜スティックなどを口にすると良いでしょう。
あとは味噌汁、スープ系などで満腹感を与えるのも良いと思います。

太らないような対策「食欲以外のストレス発散方法を見つける」

私自身は介護士になって約10年ですが最初と比べてたいして体重は変わりません。
多少変化がありましたが私は喫煙者であり
夜勤中に食欲に走ることも無かったためだと思います。
喫煙が食欲を減らすのも理由のひとつですがこれはあまりお勧めできません。
リラックス、ストレス発散方法を探してみるのも良いと思います。
温泉やマッサージ、旅行など…自分に見合ったストレス方法も良いかと思います。

太らないような対策「大きな体重増加じゃなければ様子見でもいいかも」

実は介護士で太ったというのはまだマシな話かもしれません。
一番危険なのは「痩せていく介護士」です。
病んでしまいがちでストレス発散方法が食にも走れず、いろいろな意味で迷ってるのかもしれません。
その為、痩せていって疲れてる人を見たら手を差し伸べてあげてみてください。
痩せている介護士にとっては何か甘い物や好きな食べ物を定期的にご褒美で食べるのも良いはずです。
急激な体重増加、減少は危険なのです。自分のペースでやれるだけやるようにしましょう。

私なりのまとめ

小話ですが事務側(相談員ケアマネ)になってから急激に太ったという人もいたりするので
現場で動く人達以上に事務側の人にとっては頭を抱える悩みかも…
適度な運動、歩くなどをしていくのは大切だと思います。
私も運動しなきゃなー

ちなみにTwitterでアンケートを取ったら半数以上が「太った」になっていました(汗)