介護士による介護を勉強するブログ

介護現場のお話、役に立つ情報を語っていきます。

スポンサードリンク

【2019年8月更新】「価値の低い広告枠」グーグルアドセンス10回以上落ちた私の合格までの道

 

グーグルアドセンス

Google AdSense(グーグルアドセンス)の審査は2019年現在、非常に厳しくなっています。
ようやくこのブログで承認が降りましたがそれまでの道は長く険しいものでした。
審査に落ちて10回以上、かかった期間は約3ヵ月。2019年6月19日、無事審査が通りました。
こういった私のようにアドセンス審査に大苦戦してるブロガーさんは非常に多いようです。
今回は私なりに行った方法を紹介したいと思います。

 

①申請前に合格対策「独自ドメイン」契約、他所のアフィリンクを貼らない

グーグルアドセンスに申請前に検索エンジンで合格方法を調べました。
どうも2019年頃から合格にかけて相当苦労してる人が多く私も非常に苦戦しました。
よく検索して出てくるのはまずはブログ自体の対策が必要との事。
まずは無料ドメインは審査に落とされるようで今は有料契約、「独自ドメイン」が必須になっているらしいです。
たまに無料で審査が通ったという声も聞こえますが最近はあまり見ません。
昔は余裕で審査が通ったみたいですが現在は飽和状態なのが影響してるのかも。
あとは審査が通るまで他のアフィリエイトリンクを貼らないこと。
アフィリエイトコンテンツばかりのサイトだと審査に落ちやすいようです。


②「プロフィール」「プライバシーポリシー」「お問い合わせ」設置

そして「プロフィール」のページ作成。
簡単な内容でも良いのでブログ上で常にトップページからわかるように設置する。
(Twitterなどにある簡単な自己紹介で良いらしい)
続いて「プライバシーポリシー」のページ作成。
AdSenseで必須コンテンツとの事で同じく常にトップページからわかるように設置する。
最後に「お問い合わせ」設置。
これも広告を設置する非常、連絡が取れる場所が必須になるので同じく設置。
要するにどんな人かわからないのに審査が通るわけが無いということです。


③申請ししばらく待ってみる(1週間以内に返事が来ると思う)

10記事程度作り、上記の審査基準になりそうなものをすべて行い申請。
グーグルアドセンスの結果は1週間以内に返ってくるとの事です。

 

④結果「サイトの停止または利用不可」で落とされる

・サイトの停止または利用不可
お客様のサイトが停止しているか、利用できないことが判明いたしました。

最初はこれに苦労しました。(でも原因が価値の低い広告枠より原因が早かったでまだマシだった)
という通知ばかり続きお手上げ状態になるのですが
Google AdSenseに申請して、なぜか今度はURL修正で「www」が反映されずそもそも先へ進めなくなったのが原因のようでした
どうもはてなブログでの独自ドメインにしてる場合、こういう不具合があったようで
URLへのリダイレクトの方法を行いました。

www.fullhoikutoninkatu.com

こちらのサイトさんには非常にお世話になりました。
「サイトの停止また利用不可」の場合、申請場所のURLを再度確認すると良いでしょう。原因が割と早く判明します。
各種ドメイン管理で調べてみてください。

 

⑤以降「価値の低い広告枠」で落とされ続ける…

・価値の低い広告枠(コンテンツが複製されているサイト)について
AdSense のプログラム ポリシーに記載されているとおり、
ユーザーにとって価値がほとんどないページやアプリ、
または広告の比率が高すぎるページやアプリには Google 広告が表示されません。
これには、第三者が提供するコンテンツに付加価値を付けずに、
コンテンツをコピーまたはリライトしたページやアプリが含まれます。
詳しくは、Google のウェブマスター向けの品質に関するガイドラインで、付加価値がほとんどなく、内容が薄いコンテンツに関する記事をご覧ください。

審査はこの後ずっとこのメッセージばかり続きました。
これには正直半泣きでした。
これに関しては原因はさまざまで明確な答えが無いのです。私自身の対策方法を次から上げてみます。

 

⑥「価値の低い広告枠」対策:コピペチェック

コンテンツをコピーまたはリライトしたページやアプリが含まれます。
という文章通り、コピペしてる疑いがあるようです。
ですが私自身オリジナルな文章で書いていましたし正直コピペが原因では無いと思いました。
コピペチェックサイトがあるので気になる人はこちらで↓

ccd.cloud

2ちゃんねる(今では5ch)のまとめサイトといったものも現在はコピペの疑いが出る影響なのか
非常に難しい様子です。

⑦「価値の低い広告枠」対策:記事の質?文章?独自性?頭を抱える日々

専門系ブログでもどこか他のブログより特化しないと今は落ちるようです。
私のブログは介護系ブログですが普通の介護の日記系ブログでは似たようなコンテンツが多く基本通らないようです。
介護の専門系ブログも多く、独自性を持っていても「見る層が少数派」になり
それも落選原因になるという情報もあったり…

 

⑧「価値の低い広告枠」対策:私なりの現場介護士を生かした上の記事を作る

介護の専門系ブログと私の違いって何だろうかと頭に考えてみた所
・現場介護士を10年近く続け主任として働いてる
→介護施設の種類、業務内容などを「家族」や「介護現場で働きたい人向け」に書く
→もし自分の親などが入所が必要になったら現場的にはこうなら良いなどという記事を書く
→介護現場でなんとなく人間関係をうまくいく方法を書く
→現場介護士主任は一般企業だと係長的な中間的な立ち位置、板挟みによる内容、対策を書く
→新人介護士が来た場合(新入社員)の指導方法などを私なりに書く
→シフト勤務で体調崩さない方法を「介護だけではなく他業種にも向けて」書く


ブログ主だけのオリジナリティを生かした内容で
「アクセスした人も参考になったな」という情報を書き続けることです。
私は介護士によるブログなので上記の「独自性」を生かして書くことにしました。

さらに文章は1つの記事で1000文字以上を目安にしてました。
当初は記事数が多ければ更新頻度が高く審査が通るだろうと思いましたが
20記事近くあってもどうも記事の独自性が低く落とされた様子でした。
あとはどこのサイトにもある介護ニュースの記事リンクを貼り自分の持論を少し語るというのもNGだったのかも。
リンクが多すぎるのもNGと聞きました。
実は更新頻度は毎日じゃなくても良いようです2~3日に1回でも問題なし。
「量より質」なのはおそらく間違いないです。


⑨記事を作成→削除を繰り返し10回以上…

グーグルアドセンス

というわけで審査に落ちて10回以上、かかった期間は約3ヵ月。2019年6月19日、無事審査が通りました。
この時の6月19日より前の記事はそのままにしてますがたった10記事程度です。
この辺りの記事を見返せばわかりますがかなりグーグル側を意識した記事作りをしていた気がします…
それぐらい苦労をするものです。


⑩私なりのまとめ

某漫画で「諦めたらそこで試合終了ですよ」というセリフがありますが本当それです。
とにかく諦めないことです。
記事を作り直しを繰り返し独自性をもって更新していけば…必ず審査が通ります。
「価値の低い広告枠」は残っている記事が問題になってる可能性があるのでいったんすべて削除してやり直す覚悟が必要です。
ちなみに審査を何度も同じアカウントで審査落ち→申請を続けるとだんだん返信期間が長くなっていきます。
長い時は1週間以上…それでも諦めず更新し続けることです。
でも最後の合格通知は2日足らずで来ました。

みなさんも質のいい記事を集めて合格できることを祈っています。