介護士による介護を勉強するブログ

介護現場のお話、役に立つ情報を語っていきます。

スポンサードリンク

介護業界では5年は「ベテラン」扱いされる3つの理由

5年でベテラン

介護業界で同じところに5年働き続けるのは非常に難しいと言われています。
他の業界であれば5年なんて中堅にも満たないレベルと言われるかもしれません。
今回はそんな5年でベテラン扱いされる理由を挙げてみます。

 

1.離職率が高いから

求人票などで「平均勤続年数」の表記をしっかり提示してる介護施設は少ないと思います。
もししっかり提示してるなら「よっぽど」まともな施設でしょう。
私の所では現場介護士に限っては入れ替わりが激しいです。
ちなみに5年以上残る介護士は大きく2つに分かれると思います。
1つは「スキルアップが見込めてリーダークラスになる」、
1つは「お局様になる」の二つです。どっちつかずの人はなかなか立ち位置が辛くなり辞める人が多いです。
ケアマネや相談員クラスになると入れ替わりも比較的少ないと思いますが…
逆にケアマネ相談員クラスで入れ替わりが激しかったら介護現場そのものの問題ではなく施設内の問題が大きい可能性があり、一度施設内の雰囲気を見返す必要があるかも。

2.給与面

5年ぐらいいると昇給の具合もある程度理解すると思います。
それでこの施設で長くいてもあまり変わらないかなと察して
もっと給与面が高い所へ転職する人が増えるためです。
1~2年で見切りをつけるのがいいのかもしれませんが
介護業界は簡単に退職を認めてくれない所も多いので
ズルズル進んでしまうことも結構多いのです。

 

3.昇格して精神的に疲れて辞める

何年か同じ介護施設で働くと昇格してリーダー、副主任や主任などに昇格する人も少なくないです。
介護施設における昇格基準も不透明でただ消去法であがる人も少なくなく上に立つ性格やタイプじゃないのに昇格し精神的に疲れて辞める人も多いのです。
その勤続年数の「壁」として5年だと思います。
5年続けて役職クラスでいる人なら、よっぽどのことが無い限り辞めないでしょう。

 

私なりのまとめ

「5年以上続いてる人ウチの所多いよ!」
と意見が分かれる記事だと思いますが
5年以上続いてる人が多い場合、それは比較的環境が悪くない施設だと思います。
長く続けられる「理由」があるのですから。
そういった介護施設の唯一のデメリットは「昇格しにくい」という所でしょうか。
管理職も良い勉強になりますからね。
というわけで久しぶりにちゃんとした記事が書けました!
今後ともよろしくです!