介護士による介護を勉強するブログ

介護現場のお話、役に立つ情報を語っていきます。

スポンサードリンク

生活保護制度を勉強

f:id:a_oi_777:20190812221825p:plain

 生活保護=世帯ごとにできる

基本的に生活保護は補佐的な役割なので
介護保険の金銭給付が優先となる。

生活保護は原則金銭給付だが
介護扶助、医療扶助は例外で現物給付となる。
→しかし介護扶助でも金銭給付になる場合があり。
福祉用具購入、住宅改修
→事業所にあらかじめお金を支払いをしないといけない為
「金銭給付」となる。


介護保険料→生活扶助から支給!
『サービス利用』介護給付費9割 介護扶助1割=利用料

『介護保険施設入所者』
日常生活費→生活扶助
食費→介護扶助

 

介護扶助と介護保険制度の関係

65歳以上の被保護者、第1号被保険者→保険料 生活扶助 定率負担 介護扶助1割
40歳~64歳の被保護者
医療保険加入は第2号被保険者→保険料 勤労収入から排除 定率負担 介護扶助1割
医療保険未加入は被保険者→保険料× 定率負担 介護扶助10割