介護士による介護を勉強するブログ

介護現場のお話、役に立つ情報を語っていきます。

スポンサードリンク

ケアマネ医療関係単語メモ

1型糖尿病 子供に多く突発的になるインスリン絶対的に足りない

2型糖尿病 生活習慣原因高齢者に多い インスリン不足インスリン療法はこっちが多い

 

見当識障害→時間場所×

記憶障害→記憶があやふや

失行→動けるけど何をしたかわからない

失認→身体は問題なくても動かなくなること

失語→聞く話す読む書くの言語を失う

 

高齢者への肺炎球菌ワクチン5年区切り

 

老年期うつは、不安・焦燥傾向を示しやすいせん妄なども

ただし統合失調症患者に見られる幻覚や妄想の症状はせん妄と言わない

 

肺がん・大腸がんは増え胃がんは減っている

 

関連性があるもの

心不全→浮腫

脳梗塞、→血管性認知症

脳の萎縮、脳溝拡大→アルツハイマー型認知症

 

最も低い部位は、腋窩

 

可逆性=もとに戻ることが出来る状態。

非可逆性=もとに戻ることが出来ない状態。

 

医学的診断では、必要最低限にスクリーニング検査を行った後に、問題点を見つけ出す。

 

回想法は正確さを確認するわけではない

 

内因性精神障害は、統合失調症や躁うつ病

 

腎臓→クレアチニン GPTGOT 肝臓

 

肺がん・大腸がんは増え胃がんは減っている

 

心不全→浮腫

 

脳梗塞、→血管性認知症

脳の萎縮、脳溝拡大→アルツハイマー型認知症

 

ブレーデンスケールとは

褥瘡発生の予測のため考案された物の一つで、最もよく用いられているものです。

知覚の認知、湿潤、活動性、栄養状態、摩擦とずれ、等を各々4段階で評価する。

 

脳血管性認知症では、運動・知覚障害・痙攣・片麻痺・言語障害を伴うことが多いが

アルツハイマー型認知症では、これらの症状は少ない。

 

関節リウマチの特徴として、手の関節腫脹が左右対称であること、1時間以上続く朝のこわばりなどがあげられる

黒色便の場合は消化管上部からの出血をまず疑います。

 

脳血栓は,血圧が低下した時におきる

 

意識障害がある場合には、認知症の診断はできない

 

高齢者への肺炎球菌ワクチン5年区切り

 

口すぼめ呼吸 》慢性閉塞性肺疾患 タバコなど原因、肺関係

 

関節リウマチの特徴として、手の関節腫脹が左右対称であること、1時間以上続く朝のこわばりなどがあげられる

 

脳血管性認知症では、運動・知覚障害・痙攣・片麻痺・言語障害を伴うことが多いが

アルツハイマー型認知症では、これらの症状は少ない。