介護士による介護を勉強するブログ

介護現場のお話、役に立つ情報を語っていきます。

スポンサードリンク

ケアマネ介護保険関係単語メモ

第1被保険者 65歳以上 市町村住所あり 市町村が条例で定めた保険料率に基づき算定される。

※区分支給限度基準額→利用者のニーズが介護度によって違うから出てくるもの。市町村より上乗せ可能 財源第1号

〇第1号財源 市町村特別給付

☆財政安定化基金の財源は、国、都道府県、市町村(1号保険料を財源)が3分の1ずつ負担する。

☆介護予防事業は、第1号被保険者を対象に、被保険者が要介護状態等になることを予防したり、要介護状態の軽減や悪化防止のために必要な事業を行う。

財源は第1第2両方

 

第2被保険者 40~65歳 医療保険加入 市町村住所あり

→1人当たりの平均負担額は全国一律、それを医療保険料に上乗せし医療保険者が徴収→保険料は各医療保険者が、医療保険料の一部として徴収し、社会保険診療報酬支払基金に介護給付費納付金として納付します

第2号被保険者数の方が人は上回っています

→第2被保険者は特定疾病「16種類」じゃないと介護認定は無理

〇第2号財源 介護給付費交付金 地域支援事業支援交付金

 

・包括的支援事業は、第1号 第2号対象→財源は、公費と第1号被保険者

・一次予防事業→すべての一号被保険者

・二次予防事業→要支援・要介護状態になるおそれの高い65歳以上の高齢者

 

フォーマル→公的サービス インフォーマル→ボランティア等 クライアント→相手

・ほとんどどんな病気でもせん妄は起きる。→せん妄は可逆性で回復する意識レベルが低下

 

主治医の意見書には、市町村の求めにより、疾病や負傷の意見が記述される。

 

被虐待高齢者→虐待を受けている側 女性が多い

 

申請代行できる人

居宅介護支援事業者、地域包括支援センター、介護保険施設

地域密着型介護老人福祉施設、社会保険労務士

成年後見人、生活支援員、民生委員、家族

 

介護予防支援事業者の指定=市町村

介護予防サービス事業者の指定=都道府県

介護サービス情報 調査事務 都道府県

 

住宅改修 福祉用具 →オリジナル適応支給額があるのでこれも×

 

介護認定審査会 通知順番 本人→市町村→介護認定審査会→市町村→本人

 

「介」護サービスの「調」査、「都道」府県。【快調なトド】

 

償還払い→一度全額払ってから9割分払い戻し 起算日は払った日の翌日2年請求権

領収書などの必要な書類を市町村に提出

 

現物給付→治療や介護などの行為そのものを現物で支給する

普通の病院で3割は自己負担で7割が医療行為分を現物と考えた給付分になる…

介護給付費請求書と介護給付費明細書を国保連に提出

 

日常生活自立支援事業.都道府県社会福祉協議会又は指定都市社会福祉協議会

 

介護者の内的資源=要介護者自身の能力、資産、意欲などの事。

 

口すぼめ呼吸 》慢性閉塞性肺疾患

 

高額介護サービス費は要介護者が支払う1割の自己負担額が一定の上限額を超えた場合に償還払いにより高額介護サービス費が給付されます。

所得段階別に上限額が設定されています。

ただし、福祉用具購入費、住宅改修費の自己負担分については高額介護サービス費の対象とはなりません。

食費、居住費、日常生活費など別途利用者負担となる分も対象外です。

 

診療所について、健康保険の保険医療機関の指定があったときは、

原則として、居宅療養管理指導、訪問看護及び訪問リハビリテーション事業者の指定があったものとみなされる。

 

身体障害者と介護認定は別物

高齢者世帯の所得1位 公的年金・恩給 71.9%

 

介護保険は、地域保険

 

生活保護の原理は最後の手段→介護扶助←1割の介護普段

保険料→生活扶助

利用者負担→介護扶助

 

要介護認定の不服申し立て→介護保険審査会=都道府県

国は、要介護認定不服審査基準ではなく、要介護認定基準や要支援認定基準を設定する。

 

介護保険施設における施設サービス計画に関する記述である。

施設の行事や週間予定表、日課を記載ばかり書かなくて良い

 

福祉用具購入費の支給限度基準額は10万円

移動用リフト(本体)→福祉用具貸与

移動用リフト(つり具部分)→特定福祉用具販売

設置の為の住居の改修→自己負担

住宅改修事業者には指定は必要ありません

 

主訴→患者の訴えの中で最も主要な病症。

 

高齢者のタンパク質の推奨摂取量は、普通成人と同じでよい

 

認定調査や認定も広域連合や一部事務組合が行える。

 

健康日本21 脂肪エネルギー比率25%以下

 

介護保険事業計画↓

都道府県介護保険事業支援計画 3年に1回

↑市町村を支援するという形で市町村介護保険事業計画

 

都道府県介護保険事業支援計画の覚え方

○カトちゃんちと不快(定めるべき事項)

カト(ちゃん)…介護専用型特定施設入居者生活介護

ちと…地域密着型特定施設入居者生活介護

ふ…地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護

かい…介護保険施設

○彼の生活公開(定めるよう努める事項)

か…介護支援専門員などの確保と資質向上に資する事業

れ…介護保険施設の連携確保

生活…介護保険施設などの生活環境改善

公開…介護サービス情報の公開

 

指定介護予防支援事業所「地域包括支援センター」→ケアマネいなくても良い

 

夜間対応型訪問介護では、定期巡回サービス、オペレーションセンターサービス、及び随時訪問サービスが一括して提供されます。

定期巡回サービスは1日1回やらなくてもいい

 

(介護予防)居宅介護

(介護予防)福祉用具

(介護予防)住宅改修

      施設介護

      移送

 

 

介護老人福祉施設、入居者が支払う居住費及び食費については、一定の所得以下の入居者に特定入所者介護サービス費が支給

 

介護認定

新規 原則半年 設定可能3~12か月

変更 原則半年 設定可能3~12か月

更新

要介護→要介護 、要支援→要支援

原則1年 設定可能3~24ヶ月

 

「基準該当サービス事業者」も「相当サービス事業者」も市町村が判断し認められます!

 

スーパービジョン → 教育的、管理的、支持的な機能をもつ指導の方法である。

 

基準該当 指定基準の一部を満たしていない事業者が行う、指定事業者と同水準のサービスのこと

→居宅介護支援 訪問介護、入浴、通所介護、短期入所生活介護、福祉用具貸与

 

インテーク面接は原則訪問でない

 

高齢者は肺の残気量が増加

 

日常生活自立支援事業.都道府県社会福祉協議会又は指定都市社会福祉協議会

 

介護者の内的資源=要介護者自身の能力、資産、意欲などの事。

 

高額介護サービス費は要介護者が支払う1割の自己負担額が一定の上限額を超えた場合に償還払いにより高額介護サービス費が給付されます。

所得段階別に上限額が設定されています。

ただし、福祉用具購入費、住宅改修費の自己負担分については高額介護サービス費の対象とはなりません。

食費、居住費、日常生活費など別途利用者負担となる分も対象外です。る

 

一次判定も二次判定全国一律

 

介護給付費・地域支援事業支援納付金

 

診療所について、健康保険の保険医療機関の指定があったときは、

原則として、居宅療養管理指導、訪問看護及び訪問リハビリテーション事業者の指定があったものとみなされる。

 

高齢者世帯の所得1位 公的年金・恩給 71.9%

 

介護保険は、地域保険

 

要介護認定の不服申し立て→介護保険審査会=都道府県

国は、要介護認定不服審査基準ではなく、要介護認定基準や要支援認定基準を設定する。

 

介護保険施設における施設サービス計画に関する記述である。

→施設の行事や週間予定表、日課を記載ばかり書かなくて良い

 

・住宅改修事業者には指定は必要ありません

移動用リフト(本体)→福祉用具貸与

移動用リフト(つり具部分)→特定福祉用具販売

設置の為の住居の改修→自己負担

 

主訴→患者の訴えの中で最も主要な病症。

 

高齢者のタンパク質の推奨摂取量は、普通成人と同じでよい

 

認定調査や認定も広域連合や一部事務組合が行える。

健康日本21 脂肪エネルギー比率25%以下

 

介護保険事業計画↓

都道府県介護保険事業支援計画 3年に1回

↑市町村を支援するという形で市町村介護保険事業計画

 

都道府県介護保険事業支援計画の覚え方

○カトちゃんちと不快(定めるべき事項)

カト(ちゃん)…介護専用型特定施設入居者生活介護

ちと…地域密着型特定施設入居者生活介護

ふ…地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護

かい…介護保険施設

○彼の生活公開(定めるよう努める事項)

か…介護支援専門員などの確保と資質向上に資する事業

れ…介護保険施設の連携確保

生活…介護保険施設などの生活環境改善

公開…介護サービス情報の公開

 

指定介護予防支援事業所「地域包括支援センター」→ケアマネいなくても良い

夜間対応型訪問介護では、定期巡回サービス、オペレーションセンターサービス、及び随時訪問サービスが一括して提供されます。

 

定期巡回サービスは1日1回やらなくてもいい

 

(介護予防)居宅介護

(介護予防)福祉用具

(介護予防)住宅改修

      施設介護

      移送