介護士による介護を勉強するブログ

介護現場のお話、役に立つ情報を語っていきます。

スポンサードリンク

【介護施設の闇】利用者と職員が裸でお風呂に入る?【都市伝説?】

入浴介助

介護施設で入浴介助をするのはごく普通のことだと思います。
職員が動きやすい恰好で利用者さんの身体を洗い浴槽に入れる介助を行います。
それは当たり前のことなのですが私の質問箱にひとつの内容が届きました…

 

利用者と職員が一緒に入浴?

月に1回親睦を深めるために利用者と一緒にお風呂に入るイベント?がある。
最近入社したので裸を晒すのが抵抗がある。
慣れるしかないのでしょうか?

という内容。

 

いや変です。おかしいです。

 

仮に質問者さんが女性だとしましょう。
そうなると男性職員にも男性利用者にも裸を見られるということになるのですよね?
抵抗があって当然でしょう。タダで裸をみんなに見られるのですよ?
質問者さんが男性でも同じだと思います。
そんなおかしいルールをしてる施設はむしろお金を頂きたいぐらいじゃないですか?

 

介護施設内のおかしいルールに惑わされないように

介護施設内での変なルールというのは結構あったりします。
特に同じ施設にずっと働いてると閉鎖的で「ここの施設が社会での常識なんだ」と錯覚してしまう可能性があります。
対策としては視野を広げてその施設内だけではなくさまざまな所で働いてる介護士さんと知り合いになるということ。
SNSなどTwitterなどの情報共有も有効です。
「自分の施設が絶対間違ってない」という考えは捨てましょう。
ちなみに私はリアルで「利用者と職員が一緒に裸で入浴」をしてる施設は聞いたことが無いのですが
少し前に質問箱で似たような内容を貰ったのを今になって思い出しました…言いたくても言えない人、いるのではないでしょうか?

「介護士に人権が無い」と言われるのはこういった内容を今でもやってる施設があるのも影響してるのかもしれません。
虐待問題、人員不足問題もそうですがこの問題は真実なら大きく取り上げるべきです。