介護士による介護を勉強するブログ

介護現場のお話、役に立つ情報を語っていきます。

スポンサードリンク

勤続10年介護福祉士月8万円アップは結局本当?「特定処遇改善加算」について徹底検証!

特定処遇改善加算

10年以上働いてる介護福祉士は月8万円給料が上がる!?
果たしてこれは本当なの?
今回はこの加算「特定処遇改善加算」について調べてみました。

「特定処遇改善加算」とは!?いつからなるの?

2019年10月より消費税を10%に上げそれに合わせた介護職員の人材不足を確保するために特定処遇改善加算が発生するとの事。

特定処遇改善加算は

・現行の介護職員処遇改善加算(Ⅰ)から(Ⅲ)までを取得していること
・介護職員処遇改善加算の職場環境等要件に関し、複数の取組を行っていること
・介護職員処遇改善加算に基づく取組について、ホームページへの掲載等を通じた見える化を行っていること

3つが基本条件になっています。


そして10年以上勤務していない介護福祉士でも業務などが優秀な場合、対象者にすることが可能で各介護事業所等の判断で柔軟に設定できるようです。
↑この一文が重要で例外ありとの事なのです。
ということでは10年以上働いていない介護士より偉い人に気に入られてる年数が短い介護士でも対象可能になる可能性があるのです。
この「柔軟に設定できる」というのあやふやなことをしているのがいろいろ不信感が出ています。

 

どういった施設が「特定処遇改善加算」を貰えるのか?

言うまでもないですが施設側が加算の申請をしなければ貰えません。
これに関してはどういった施設が貰えるかどうか…
それは今時点の処遇改善加算の金額で見返すと良いでしょう。
処遇改善加算を全く貰えてない施設は貰える可能性が無いです(どうせ申請しないです)
先ほど説明したこの特定処遇改善加算は「現行の介護職員処遇改善加算(Ⅰ)から(Ⅲ)までを取得していること」
が条件に入ってるため今貰えてない人は不可能かと…
同じ意味で処遇改善加算が徐々に上がっていない施設も難しいでしょう(加算について積極的では無い為)

 

「特定処遇改善加算」についての私の話

そもそもしっかり施行されるかどうかあやふやです。
私の知り合いでも同じ施設の対象者に当たる人でもこの加算について大きく期待してる人はいないです。
まず情報が少ないです。ネット上で調べてみても3~4月頃までは話題になっていましたが
最近このことについてネットブログ、ニュースで話題にあげている人はほとんどいないのです。
つまりほとんどの人がたいして期待してないのでしょう。
しかし本当にこれが可能になるなら…ケアマネと介護士の給料は逆転します。
介護士ひとりにまるまる8万円貰えるわけではなく事業所に8万円を出す形なので
そこからどう動くかは不透明…
これについては新たな情報がきたらまた記事にかければ良いかなと思います。

 

www.medwatch.jp

www.wiseman.co.jp