介護士による介護を勉強するブログ

介護現場のお話、役に立つ情報を語っていきます。

スポンサードリンク

「介護福祉士」取得後のステップアップで給料アップを目指せ!その道とは?

ステップアップ

「介護福祉士を受験して見事合格した!でもこの先はどうしよう…?」
その後の介護士はどうやってステップアップしていくのか?
約10年現場で働いてる私が見てきた体験談を踏まえて語っていきたいと思います。

 

 

ケアマネージャー

介護福祉士を取得後5年働けば受験資格を満たすことができます。
基本現場組はケアマネに向かっていく人が多いです。
しかしながら合格できる人はごくわずか。
あとは施設内で働いてる所でそのまま施設ケアマネに向かうのはかなり困難(既に在籍してる人と入れ替わらない限り)
本格的にケアマネになるなら居宅などに進むのがほとんどです。

看護師

「医療系の道で働きたい」と考え看護師の道へ進む人もいます。
介護士のステップアップは
ケアマネ、看護師のどちらかに流れることが多い気がします。
准看護師は養成所に2年、正看護師は看護学校3年通うことになり
比較的期間が短い准看護師に進む方が多いかもしれません。

 

社会福祉士

ソーシャルワーカーや介護施設だけではなく
包括支援センターでも働くことも可能だったりします。
ただし社会福祉士は受験資格に到達するまでのハードルが高く
養成所などに通う年数や通信で学ぶ時間も非常に複雑で人によってばらつきがあります。
現場で働きながら取得を目指す人はケアマネと比べて少ないと思います。

 

リーダー主任として現場で働き続ける

現場で働くと昇格する可能性があります。
特に同じ施設で3年ぐらい働き続けるとベテランになるケースが多いです。
現場のリーダー格で働き続けるのもひとつの道かもしれません。
処遇改善加算などで以前と比べて介護士の待遇は少しづつ上がってきてると思います。
知識向上し、たとえ転職するときでも役職ついて働いていたはアピールに繋がるはずです。

そのまま留まる

そのまま留まって働くのもまた一つの方法。
ただしステップアップをしないと後々命取りになります。
いくら人手が足らない介護業界でもあなたが働く施設が永久に残る保証はありません。
現場でただ年数重ねてプライドが高くなり、突然その現場が倒産したら…?
あなたは他所の施設でもそのプライドが高い性格を直せるでしょうか?
そのまま留まる場合でもいろいろ経験を積んで勉強はしていきましょう。
実はほとんどの介護士はステップアップはせず同じ立ち位置で留まる人が大多数を占めています。

私なりのまとめ

サラリーマンやOL、他業種でも同じことが言えますが
ステップアップするのは自分次第です。
ただ働くだけではなく新たな挑戦するのもまたひとつの成長に繋がります。
給料をもっと上げたいならそれにあわせたステップアップが必要です。
私も今年ケアマネ合格できたら良いなぁ。