介護士による介護を勉強するブログ

介護現場のお話、役に立つ情報を語っていきます。

スポンサードリンク

仕事のストレスを上手に発散する3つ方法

仕事のストレスを上手に発散
仕事に疲れてストレスがたまっていませんか?
介護士の私は夜勤、日勤のローテーション勤務で日々生活リズムがごちゃごちゃで
ストレスがたまる一方です。
仕事でのストレスの発散方法、人それぞれでしょうが
上手に抜く方法はだいたい共通しています。
今回はストレス発散方法を紹介します。

 

 

1.「身体に安らぐこと」をしてストレス発散しよう

自分自身の好きな趣味でストレス発散…
例えばインターネットSNS、漫画、アニメ、ゲームなどなど…
たしかに発散はするかもしれませんが依存症になりがちで
返ってストレスがたまりやすい可能性があります。
本当にストレスを発散するなら自分自身の身体を安らぐことです。
例えば「マッサージ」。
頭痛や肩こり、腰痛などは日々のストレッチなどで改善ができるかもしれませんが
そういうのを行うのは難しいと思います。
整体やマッサージに行き身体の見えない疲れた部分をほぐしてもらい
自分自身の身体に安らぎを届けてください。
もう一つは「温泉」。
簡単に行けるとなると健康ランドがあります。
健康ランドで温泉につかると疲労回復効果があります。
さらに健康ランドならそのままマッサージを頼む…ということもできます。

私は夜勤明け、健康ランドに行くことが結構あります。
「介護士はストレスがたまりやすい仕事」と言われがちですが
温泉+マッサージの2つを定期的に行い、ストレス爆発もせずクールに働くことができています。

 

2.「大きくゆっくり深呼吸」をする癖をつける

ストレスは見えない部分、自律神経の乱れから起きると言われています。
そこで簡単に誰でも行える方法は「大きくゆっくり深呼吸」とをすることです。
深呼吸は緊張をほぐす効果もあり、ストレスを調整することができます。
眠れないときにも深呼吸をし身体の力をゆっくり抜いていく…という癖を作ると安眠効果も出ます。
精神的に不安定になると心臓がドキドキ、動悸を感じてしまったりした時…
ふとした時にでも良いのでこの癖を頭の中に入れておくと結構変わります。

 

3.ストレスの元を無くす努力をする

ストレスの原因が重すぎて何をやっても心が重い状態は治らない場合は環境を思い切って変えるのも良いと思います。
あなたが一番ストレスがたまっているのは何でしょうか?
仕事の何でしょう?それともプライベートの事でしょうか?
ストレスが溜まっている時に
自分で「まだ大丈夫だ」と無理矢理嘘をついている場合は危険信号です。
まずは自分自身を見つめなおし改善できる点はあるのか?と振り返ってみると良いでしょう。
一番はストレスをためないことです。

 

私なりのまとめ

ストレスを上手に抜く方法を紹介しましたが
これに加えて「会社の人間関係でうまく付き合う3つの方法」の記事もご覧になってくだされば幸いです。

www.kaigo-aoi.com

ストレス社会で日々みんなストレスがたまっています。
イライラがたまりやすい世の中ですが
無理をせず優しい気持ちで生活できるように祈っています。